2ツ星

まじないに魅力がなかった

女子高生の絵里は、幼なじみの美津子をストーカー教師から守るため、呪いの遺骨の手を出す。ひょんなことから遺骨の入ったジュースを飲んだ女性教諭が自殺。遺骨は「警察にも見抜けない毒」となり、ストーカー教師に奪われる。

骨壷の設定は荒唐無稽なうえ、おもしろくない。まぁ、「呪いのアイテム」はあんでもいいので、そのへんを気にしても仕方ないか。つづく見どころは人間関係の変化。仲良しグループが崩壊したり、慕っていた人に裏切られる展開はおもしろいが、映像は盛り上がらない。
笑ったのは、フランケンシュタインになった主人公。あまりにもチープで、かわいそうになった。

アイドルホラーだが、どんな経歴の女優さん(?)なのか私は知らない。がんばって演技してるが、映像に「彼女の魅力を引き出す」という意志は感じられない。まぁ、出演できればいいのか。

 Googleで「骨壺」を検索する
 Wikipediaで「骨壺」を検索する
 IMDBで「」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B008997QA6
思考回廊 レビュー
骨壺