レビュー  2012年01月08日  に発表された 

バスカヴィルの犬(ハウンド) / SHERLOCK シャーロック(S2E2)
SHERLOCK - The Hounds of Baskerville

3ツ星

犬の足あとを追え

原点からの引用がぽつりぽつりと出てくるので、ファンは誘導されてしまう。制作者も意図して振り回したのだろう。奇妙な興奮があった。あとで気づいたことだが、「The Hounds of Baskerville」なのね。注意すべきは単体の犬じゃなかった。

今回のシャーロックはワトソンを実験台にしたり、友だちじゃないと暴言を吐いたり、子どもっぽさが目立つ。仲直りを期待するが、ハッキリした言葉は出てこない。もどかしい。けどリアルと言えばリアルか。

シーズン1と同様、第2話は「ふだんの事件」が描かれるようだ。これほどの大事件が平凡に見えてしまうのも困ったもんだ。


 Googleで「バスカヴィルの犬」を検索する
 Wikipediaで「バスカヴィルの犬」を検索する
 IMDBで「SHERLOCK - The Hounds of Baskerville」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B008HRWCRM
思考回廊 レビュー
バスカヴィルの犬(ハウンド) / SHERLOCK シャーロック(S2E2)