レビュー  1935年01月01日  に発表された 

フランケンシュタインの花嫁
Bride of Frankenstein

2ツ星

1作目のインパクトはない

まるでフランケンシュタイン男爵が結婚するようなタイトル。もはや制作者も、怪物に名前がないことを断る気はないようだ。ま、英断といえば英断だ。

原作に照らせば、続編で伴侶について描くのは正しい。花嫁が「怪物」を拒絶するのも原作どおり。しかしそのネタだけで引っ張ってきたんだから、もうちょい描いてほしかった。あっけなさすぎる。
本当に醜悪なのは生命をもてあそぶ人間のほうだが、その点も掘り下げられない。時間はたっぷりあったのに。
いろいろピントの合わない続編だった。

 Googleで「フランケンシュタインの花嫁」を検索する
 Wikipediaで「フランケンシュタインの花嫁」を検索する
 IMDBで「Bride of Frankenstein」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B008XEG70W
思考回廊 レビュー
フランケンシュタインの花嫁