レビュー  2012年12月07日  に発表された 

ジョジョの奇妙な冒険 (#10-26) Part2 戦闘潮流
JoJo's Bizarre Adventure Part 2 Battle Tendency

3ツ星

わかっていたことだが、アニメ向きじゃない

テレビアニメ第10話から第26話まで。第1部につづき、第2部の素晴らしさを再確認できた。ラスボスと思われたストレイツォがあっさり退場したり、こいつだろうと思われたサンタナも退場したり、ワムウの前にエシディシと遭遇したり、予想外の展開がてんこ盛り。赤石の争奪戦というプロットは素晴らしい。個人的には、郵送された赤石を車で追いかけるあたりに興奮した。本当におもしろい。

しかしアニメは漫画をそのまま動かしているだけで、まったく芸がない。構図も擬音もセリフもそのまま。第1部は驚いたけど、第2部は手抜きに見える。しかも、動かない。ピクチャードラマのようだ。声優さんはがんばっているけど、セリフが冗長すぎて無理がある。つくづく本作は漫画であって、映像化は無理があったんだ。

とはいえ、ちょっとでも変えるとファンは怒り出すだろうから、これはこれれでよかったと思う。新参者にはおすすめしないが、原作ファンが見るには申し分のないアニメ化だった。

 Googleで「ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流」を検索する
 Wikipediaで「ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流」を検索する
 IMDBで「JoJo's Bizarre Adventure Part 2 Battle Tendency」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B009HIZQHI
思考回廊 レビュー
ジョジョの奇妙な冒険 (#10-26) Part2 戦闘潮流