レビュー  2005年10月28日  に発表された 

ムーンフェイス(ドン・コスカレリ) / マスターズ・オブ・ホラー (S1-01)
Incident On and Off a Mountain Road / Masters of Horror

3ツ星

「おまえなんか大嫌いっ!」

あらすじ

エレンは脇見運転から停車中の車と接触事故を起こす。気がつくと、崖下の森から助けを求める女性の声が聞こえてきた。身を乗り出すと、不気味な男が女性を引きずっていた。男はエレンを捕まえようと襲いかかってきた。
エレンは逃げながら罠を仕掛け、不意をついて反撃する。エレンは夫から戦士としての訓練を受けていた。

13人のホラー映画の巨匠による共同プロジェクト『マスターズ・オブ・ホラー』の1本目。
美女が怪人に負われる展開はホラーの定番だが、美女がテクニカルに反撃するところがおもしろい。まぁ、捕まって怖い目に遭うのは避けられないが、訓練に裏打ちされた強さが反撃を期待させる。追い詰められた美女が破れかぶれで強くなるより説得力がある。

結局、モンスターの正体も夫の目的もわからないが、そんなこたぁ、どうでもいい。「こーゆーのが見たいんだろ?」という監督の割り切りが伝わってくる。『マスターズ・オブ・ホラー』の一作目にふさわしい、痛快な1本だった。


 Googleで「ムーンフェイス」を検索する
 Wikipediaで「ムーンフェイス」を検索する
 IMDBで「Incident On and Off a Mountain Road / Masters of Horror」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B009NPA7II
思考回廊 レビュー
ムーンフェイス(ドン・コスカレリ) / マスターズ・オブ・ホラー (S1-01)