レビュー  2012年08月25日  に発表された 

るろうに剣心 (実写映画)
RUROUNI KENSHIN

4ツ星

おおぅ、かっこいい!!

スチールを見たときは駄目そうと思ったが、できあがった映画は素晴らしかった。愚直なコスプレ動画じゃない。再現すべきところは再現し、アレンジすべきところはアレンジしている。これならファンも初見さんも納得だろう。

特筆すべきはアクション。攻撃より回避がすごい。疾風のように駆け回り、全身を使って攻撃を躱している。剣心は敵を斬り捨てることができないから、圧倒的な力量差を示さなければならない。佐藤健の体術は、この難題を見事にクリアしている。漫画の剣心より強そうだった。
あぁ、この剣心の天翔龍閃を見てみたい。焔霊や二重の極みをどう表現するのか見てみたい。

佐之助もいいね。たいした戦力じゃないけど、個性でカバーしている。戦闘中に飯を食って、番神に瓶を渡すシーンは素晴らしい。これは強いだけの男にはできない。そういえば雪代縁が出ていたと思ったら、リファインされた外印だった。ちがいすぎるが、かっこいい。

派手なワイヤーアクションじゃない。不自然な止め絵じゃない。本当に強そうなアクションを堪能できた。時代劇の可能性が広がったように思う。原作ファンでない人に見てもらいたい作品だ。


 Googleで「るろうに剣心 」を検索する
 Wikipediaで「るろうに剣心 」を検索する
 IMDBで「RUROUNI KENSHIN」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B009SGA86I
思考回廊 レビュー
るろうに剣心 (実写映画)