[Edit]
[レビュー1966年10月25日に発表された 

続・黄金の七人 レインボー作戦

Il grande colpo dei sette uomini d'oro

1作目ほどじゃないが、そこそこ楽しめた

スケールアップした続編。1作目のラストからはじまるのはうれしい。
ジョルジャは衣装だけでなくカラーコンタクトまで変えてくれる。金髪に全身黒のスーツは破壊力が大きい。ジョルジャは将軍を魅了するが、途中から本気になってしまう。そのくせ金が切れればポイ捨て。残された将軍は未練たらたら。理性的でないから、始末におえない。

本作では潜水艦を運用したり、軍事基地に侵入したり、銃撃戦を展開したり、いろいろ派手だがテンポが悪く、1作目ほど興奮しない。七人の手に余るのだ。教授は当然のように政府を手玉に取るが、常識的にありえないから、どうしても興ざめする。教授と政府で騙し合いがあればよかった。

やはり銀行強盗がシンプルでいい。そうした観客の気持ちを見透かしたようなラストは、さすがだった。

Share

Next