レビュー  2012年12月31日  に発表された 

猫物語(黒) (全4話)
NekoMonogatari (Kuro)

4ツ星

主人公は絶対じゃない

私たちは物語を主人公の視点で見ている。たいてい主人公の視点は正しいが、忍野メメはそこに一石を投じてくれる。羽川翼の善良さを「気持ち悪い」と評するシーンが印象的だ。このときまで、翼の家族が怪物と暮らすストレスに堪えていることに思いが至らなかった。
そしてブラック羽川を別人格として認識することもまた、思い込みだった。吊り目でなくなったブラック羽川は、それを端的にあらわしている。やっぱり忍野メメの存在感は大きい。『偽物語』(2012)が今ひとつに思えた理由がわかった。

ブラック羽川のナイスバディもすごかった。アニメ的な誇張を控え、グラビアモデルのように全身を見せている。圧倒される肉体美だ。目が吸い付いて、離れない。こんな凶器を服の下に隠していたのか。

暦は翼に同情しないことを決めた。それは恋人になるより崇高なことと考えていたようだが、本当にそうか? この経験を踏まえて戦場ヶ原を選ぶのは納得できないが、まぁ、個人の判断である。主人公は絶対ではない。それが本作の魅力なんだろうな。

 Googleで「猫物語」を検索する
 Wikipediaで「猫物語」を検索する
 IMDBで「NekoMonogatari 」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00AK93CYC
思考回廊 レビュー
猫物語(黒) (全4話)