レビュー  2012年06月08日  に発表された 

ザ・クロコダイル 人喰いワニ襲来
Bai wan ju e / MILLION DOLLAR CROCODILE / 百萬巨鰐

2ツ星

中国初のアニマルパニック映画

中国映画と知らずに見たから、びっくりした。アニマルパニックといえばサメだが、中国人にとってサメは脅威じゃないのかもしれない。だからワニが最適化どうかは知らないが。ストーリーもアメリカ産の既定路線に乗らず、子どもが絡んだり、ワニが怒りをためたりと、どことなくユーモラス。血は遠慮なく吹き出すが、これは大人向けというより、中国の子ども(の親)はこのくらいの血は気にしないためだろう。まぁ、人的被害はきわめて警備だが。

ワニのビジュアルは意外と出来がよく、暴虐をぞんぶんに楽しめる。なのでストーリーの弱さ、演技の拙さ、女のかしましさも我慢できる。タレント頼みの日本映画界は危機感をおぼえるべきだ。

飛び抜けたところはないし、視聴後に残るものもないが、ふつうに楽しめる映画だった。

 Googleで「ザ・クロコダイル 人喰いワニ襲来」を検索する
 Wikipediaで「ザ・クロコダイル 人喰いワニ襲来」を検索する
 IMDBで「Bai wan ju e / MILLION DOLLAR CROCODILE / 百萬巨鰐 」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00C1VGASC
思考回廊 レビュー
ザ・クロコダイル 人喰いワニ襲来