レビュー  2012年10月13日  に発表された 

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語
Puella Magi Madoka Magica: The Movie 2 Eternal

3ツ星

ほぼテレビシリーズのまま

[前編]の一週間後に公開された[後編]。個人的には第10話の過去編からはじまってほしかったが、第9話のさやかの後始末も含めている。劇場版2本にするため、このような時間配分になったんだろうか? 第10話と第12話のラストで『コネクト』が流れるのも奇妙に感じる。新房監督の「入らないとしっくりこない」という配慮もわかるが、そこはそれ、新しい演出を見せてほしかった。

[後編]は[前編]に比べ新作映像が少なく、ほとんどテレビシリーズのまま進行する。完成度が高かったというより、劇場版2本を観てもらうための戦略に思える。[前編]に新作カットがなかったら、[後編]をスルー人が増えただろう。

繰り返すが、物語は素晴らしい。
制作サイドの台所事情もわからなくもないが、新しい解釈、新しい演出を見たかった。

 Googleで「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語」を検索する
 IMDBで「Puella Magi Madoka Magica: The Movie 2 Eternal」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00C3EGNVG
思考回廊 レビュー
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語