レビュー  1991年06月21日  に発表された 

ロケッティア
The Rocketeer

3ツ星

流線型のヒーロー

アメコミの原作があるらしいが、未読。ロケッティアの流線型のデザインが素晴らしい。空を飛べるだけってのもシンプル。いいじゃない。
ロケット・パックをめぐるFBIとナチスの攻防。実在の富豪ハワード・ヒューズや、エロール・フリンをモデルにしたネヴィル・シンクレアなど、現実と重なる世界観もおもしろい。

しかし主人公の演技は拙く、特撮も粗く、テンポも悪い。盛り上がりたいのに、盛り上がれない。ただ、ジェニファー・コネリーの美しさと、ティモシー・ダルトンの屈託ない悪はよかった。

 Googleで「ロケッティア」を検索する
 Wikipediaで「ロケッティア」を検索する
 IMDBで「The Rocketeer」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00CB6KLU0
思考回廊 レビュー
ロケッティア