[Edit]
[レビュー2005年08月27日に発表された 

釣りバカ日誌 16 浜崎は今日もダメだった

Tsuribaka Nisshi 16: Hamasaki wa Kyou mo Dama datta

ハマちゃんの負担が大きい

オープニングの社歌にはじまり、長崎でも歌いまくり。にぎやかだけど、なんだか尺稼ぎしているように見える。後半のハワイ行きもそう。おもしろいけど、だれる。
なぜ尺稼ぎをするかといえば、やっぱりスーさんの反応がにぶいせいか。スーさんは釣りもしないし、物語にもからんでこない。言ってほしいことを言ってくれない。その穴を、ハマちゃんがドタバタで埋めているように見える。がんばっているけど、負担が大きそうだ。

頑固な父親との確執もベタだけどよかった。ハマちゃんが指笛を吹けず、父親に吹いてもらって拉致するシーンは笑えた。ちょこちょこおもしろいんだけど、やっぱりハマちゃんとスーさんの掛け合いがないと楽しみも半減してしまうな。


Share

Next