[Edit]
[レビュー1992年12月25日に発表された 

釣りバカ日誌 5

Tsuribaka Nisshi 5

「それじゃ私はどうなるの?」

前半は鯉太郎の冒険。ちんぷらで歩く鯉太郎はかわいい。歩けるようになった子どもがいちばん怖いと言うけど、納得だ。スーさんもおしめを変えたり、あやしたりと大活躍。火災発生時に背広で鯉太郎を包んで脱出しようとしたところはカッコよかった。

後半はスッポン養殖秘話。このまま丹波半島に住み着くとは思えないから、どうやって東京に帰るか考えていたら、予想外というか、案の上の結末だった。
おもしろかったのは、スーさんの手心をハマさんが固持したところ。釣りは釣り、仕事は仕事と切り分けている。一方、スーさんは釣り仲間がいなくなることに堪えられない様子。ぜんぜん切り分けられてないが、これはこれでいい。

2013年5月、三國連太郎さんの追悼番組として金曜ロードSHOW!で放映された。なるほど、いいチョイスだなと思った。


Share