[Edit]
[レビュー2013年02月23日に発表された 

牙狼〈GARO〉蒼哭ノ魔竜

Garo: Soukoku no Maryu

スタッフをねぎらう完結編

冴島鋼牙の物語に終止符が打たれる劇場版。しかし期待したものではなかった。これまでの世界観を捨て、メルヘンワールドを描くことに、どんな意義があったのか? スタッフが道具を愛していることはわかるが、それを訴えるならテレビエピソードで十分だろう。冴島鋼牙の完結編でやるべきことじゃない。

個人的には、鋼牙とカオルの結婚を描いてほしかった。そして牙狼の称号を返上する。そうでなくちゃ、続編を作れない。
と思っていたが、まるで気にせず続編が作られた。なぜ牙狼シリーズは世界観や連続性を大事にしないのだろう。視聴者を馬鹿にしてるのか?

Share

Next