[Edit]
[レビュー1999年06月11日に発表された 

続・愛人霊

Aijin-Rei Part2

どこへ向かいたかったのか?

ストーリー(結末まで)

愛人霊の後日談。
上原が書いた小説「愛人霊」はヒットして、妻は失踪と処理された。ナオミの行方を気にする人もいない。上原のファンでもある編集者の北川は、別荘に押しかけ世話を焼き、そのまま肉体関係を結ぶ。しかしナオミの幻覚に悩まされる上原に拒絶される。

上原の様子がおかしくなり、編集長が別荘を訪ねる。その夜、上原が死者と逢引しているのを見て、事故死する。
ふたたび北川が訪れるが、上原は不在で、ナオミが応対してくれた。上原はナオミの霊にそそのかされ、北川を殺そうとするが、自分を刺す。しかし目がさめたのは、女装した上原だった。別荘の軒下に3つ目の墓ができた。

「愛人霊」の続編だが、同日リリースされている。好評を受け急増したのではなく、最初から二部作の構想があったんだろうか? それにしては粗い。

今回も小説家はモテモテだが、編集者・北川の熱烈アプローチは異常だ。奥さんが失踪してチャンスだと思ったなら、そう言うべきだし、そこまでファンならナオミの存在に気づいてもよさそう。
編集者はナオミの友人で、真相を探っているのだろうと思ったが、ちがった。つまりナオミと妻が同時に失踪しても、小説家を疑う人はいなかったわけだ。警察はなにやってんの?

まぁ、警察が無能で、ナオミに友人がいなくて、編集者が本心から小説家を好きだったとしても、結末は理解できない。編集者が見たナオミが悪霊で、自決した小説家は幻覚で、編集者は小説家の女装だったのか?
どうとでも解釈できるというより、なにも考えてなかったようなオチだ。

結局、今回もエロティックだけが見どころだった。

Share

Next