レビュー  2005年03月29日  に発表された 

世界ふれあい街歩き
Sekai Fureai Machi-aruki

3ツ星

こんな旅をしてみたい

毎回世界各国の都市を1つ取り上げ、町並みや観光名所を紹介する旅番組。この番組で「ステディカム」という機材を知った。スムースな視界移動は実際にその町を歩いている気分にさせてくれる。素晴らしい。

ごくまれにガラスに反射することを除けば、撮影スタッフの姿は見えない。何人くらいで撮影しているんだろう? 現地の人と話すとき、目線がカメラを向いてないから、通訳とカメラは別だろう。事前にどのくらい計画し、どのくらいアドリブで、どのくらい編集されているんだろう。気になる。
旅の疑似体験が番組の主旨だから、裏方に興味をもつのは好ましくないかもしれない。しかし私は楽しめた。移動するだけが旅の醍醐味じゃないからね。NHKのスペシャル番組で、撮影風景やアフレコ秘話も見た。種明かししても感動は薄れない。

散歩中、「旅人」はいろんな人に話しかける。目についたものの由来を教えてもらったり、お店や家にあげてもらったり。どこまで事前に打ち合わせてあるのか、さっぱりわからない。謎や欲求が満たされることもあれば、そのままはぐらかされることもある。すごくリアルだ。

私は旅先で、あんな気軽に話しかけることはできない。
「それじゃ、ウチにおいでよ」
「奥を見せてあげるよ」
と言われても、ひょいひょいついていけない。しかし、あんな旅ができたらいいなぁと思う。

 Googleで「世界ふれあい街歩き」を検索する
 Wikipediaで「世界ふれあい街歩き」を検索する
 IMDBで「Sekai Fureai Machi-aruki」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00EHDHYPK
思考回廊 レビュー
世界ふれあい街歩き