レビュー  2014年08月08日  に発表された 

Five Nights at Freddy's (PC)
Five Nights at Freddy's

3ツ星

もうちょい、やれることが欲しい

プロット

主人公はピザ屋の深夜警備アルバイト。電話の申し送りで、マスコットロボットが深夜になると徘徊し、人間を襲うことを知らされる。主人公は監視カメラでロボットの位置を把握し、接近したらドアを閉めて身を守る。カメラやドア閉鎖は電力を消費するため、むやみに使えない。勤務時間は12AMから6AMまでを5日間。主人公は無事に勤めきれるだろうか?

「だるまさんがころんだ」のように、目を逸らしたスキに近づいてくる不気味さ、唐突感がおもしろい。Night 3までは部屋の前に来てからドアを閉じても間に合うが、ダッシュするキツネ(Foxy the Pirate Fox)が混じると、監視カメラによる事前察知が重要になる。シンプルなのに緊張感がある。アイデアが光るゲームだ。

しかしやることはピンボールのフリッパーと同じ。来たら撃退、来たら撃退。それだけ。ロボットに部屋の前に張り付かれたら、打つ手がない。そうならないよう、ロボットの巡回はパターン化されているが、それゆえ、すぐ突破されてしまう。

シンプルさが魅力だが、もうちょい、できることがあったらなぁ。なんて思っていたらシリーズ化された。シリーズ化されたことで、物足りないところがあっても「これはこれ」と考えられるようになった。おもしろい効果だった。



Steam: Five Nights at Freddy's

 Googleで「Five Nights at Freddy's 」を検索する
 Wikipediaで「Five Nights at Freddy's 」を検索する
 IMDBで「Five Nights at Freddy's」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00FEY9FOE
思考回廊 レビュー
Five Nights at Freddy's (PC)