レビュー  2015年05月19日  に発表された 

ロスト・ジョーズ
Raiders of the Lost Shark

1ツ星

見るだけでストレスがたまる

サメ映画の中でも最下層に属する『ジュラシック・シャーク』の続編だが、原題にも邦題にも「2」と明記されていない珍しいパターン。まぁ、回想シーンで尺稼ぎしているだけなので、続編である意義はまったくない。

前回同様、周囲に民家もない淡水湖で、メガロドンが次々に人を襲う。森に逃げてもメガロドンは飛んできて、がぶりと食べ、そのまま湖にもどっていく。パックンチョシーンは皆無。丸飲みだから血も出ない。要するに画面から消えるだけ。前作以上にCGがへぼい。
そして前作同様、爆弾を投げてメガロドンを殺す。爆発するシーンはカット。もう、なにがなんだか。

本作は次々に女たちが脱ぐんだけど、トウが立っていたり、たるんだ体型のため気が滅入る。そもそもブサイクばっかり。こんな映画でだれが喜ぶんだか。

とにかくひどい映画だった。
私はまちがって本作を2度見てしまった。もう絶対に見ることがないよう、レビューを残しておく。

 Googleで「ロスト・ジョーズ」を検索する
 Wikipediaで「ロスト・ジョーズ」を検索する
 IMDBで「Raiders of the Lost Shark」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00KO93XUG
思考回廊 レビュー
ロスト・ジョーズ