[Edit]
[レビュー2014年07月15日に発表された 

ウルトラマンギンガS (全16話)

Ultraman Ginga S

ふつうのウルトラマンになりました

『新ウルトラマン列伝』内で放送された『ウルトラマンギンガ』(2013)の続編。防衛チーム(特捜チームUPG)が導入され、2人目のウルトラマン(ヴィクトリー)が登場し、地球規模の敵と戦う。順当な続編であり、しっかり王道展開だが、やっぱり『ギンガ』は降星町という小さな舞台で、個人の闇と向き合ってほしかった。

そして、オモチャである。特撮番組がオモチャを売るために制作されることは承知しているが、あからさまなオモチャが多数劇中に出てくるのは白けた。とりわけ「超変形! DXビクトルギエル」は、劇中でダークルギエルがUPGの本部と融合するまえにCMが流れて、クライマックスの興奮も吹っ飛んだ。新しい商品を次々に投入せず、スパークドールズでじっくり売ってほしい。それから「DXシェパードンセイバー」の卑猥な形状は、なんとかならなかったんですか!


『ウルトラマンサーガ』(2012)でも感じたことだが、ウルトラマンが巨大ロボットのような位置づけになっている。「強制的にライブを解除された」とか、かつてなかった言い回しだ。「宇宙人として地球をながめる」というSF視点がないのはさびしいが、ウルトラマンというコンテンツが継続したことを祝うとしよう。

ウルトラマン
1966 Q
1966 マン
1967 キャプテン
1967 セブン
1968 怪奇大作戦
1971 帰マン  
1972 A エース  
1973 タロウ
1974 レオ  
1979 ザ☆マン
1980 80  
1984 キッズ
1988 USA  
1990 G
1993 パワード  
1994 平成セブン
1995 ネオス
1996 ゼアス
1996 ティガ
1997 ダイナ
1998 ガイア
1999 ナイス
2001 コスモス
2004 ネクサス
2005 マックス  
2006 メビウス
2006 WoO
2007 SEVEN X
2007 大怪獣バトル
2009 ゼロ
2011 ゾーン
2013 ギンガ
2015 X エックス
2016 オーブ
2017 ジード  
関連
- 関連作品
  新世紀
  ウルトラキッズDVD
  ダイジェスト
  TIME-SLIP
  ゲーム

Share

Next