レビュー  2014年10月23日  に発表された 

サイコブレイク / PSYCHOBREAK (PC)
The Evil Within

2ツ星

ドラマもゲームも難しいだけ

「バイオハザード」の生みの親・三上真司氏が制作したサバイバルホラー。なにかしらの脅威(怪物)を打ち倒すゲームと思っていたが、やたらめったらドラマパートが多い。そのくせ状況はよく見えず、あっちこっちのお使いをこなしていくが、ゴア表現に気が滅入る。しかも規制がかかっており、ゴア表現が好きな人には届かない。なんで必要ないゴア表現を入れるのか? 「ゴアが売れる」と思っているプロデューサーがいるんだろうか?

戦闘パートは一転、冷静な判断と操作が求められる。モンスターをよく観察して、アセットを効率よく使って、ダメージの最大化を目指す。当たり前だが、モンスターへの恐怖は消える。ホラーを主体にするなら、戦闘は大雑把でいい。戦闘を主体にするなら、ホラーは雰囲気だけでいい。本作はどっちを目指していたんだろう?
それから、むやみに難易度が高い。難しいから、ますます冷静にプレイしなければならない。しかも、難しいからおもしろいわけでもない。

あれこれ新機軸を追わず、「バイオハザード」っぽいゲームを作ればよかったのに。
企画段階で破綻があったとしか思えない。



Steam: The Evil Within

 Googleで「サイコブレイク / PSYCHOBREAK 」を検索する
 Wikipediaで「サイコブレイク / PSYCHOBREAK 」を検索する
 IMDBで「The Evil Within」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00LLYPV7G
思考回廊 レビュー
サイコブレイク / PSYCHOBREAK (PC)