レビュー  2014年06月29日  に発表された 

Among The Sleep (PC)
Among The Sleep

2ツ星

2才児には無理じゃね?

2才児を操作する一人称視点ホラーアドベンチャーゲーム。視点が低いので、部屋が大きく、不気味に見える。ぬいぐるみに誘導され、不思議の世界を行き来する展開も楽しい。しかしゲーム中はどうしても、「2才児に可能か?」と思ってしまう。「長距離ハイハイしたら膝が痛むだろう」とか「コンセントを抜けば洗濯機が止まるなんて思いつくか?」とか。一人称視点だから主人公に没入したいけど、なかなか難しい。赤ん坊じゃなくて幼児にすべきだったと思う。

ストーリーは陰鬱で、救いがなかった。両親の問題を2才児にどうこうできるはずもなく、だったらゲームで体験したことはなんだったのかと暗い気持ちが残る。『Papo & Yo』(2012)より釈然としない。安直なハッピーエンドを避けたい気持ちはわかるが、安直なハッピーエンドの方がマシだと思えてしまう。

まぁ、珍しい試みだった。そんなに長くないし、高くもないので、一日遊ぶには十分だろう。



Steam: Among the Sleep

 Googleで「Among The Sleep 」を検索する
 Wikipediaで「Among The Sleep 」を検索する
 IMDBで「Among The Sleep」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00M0NST0S
思考回廊 レビュー
Among The Sleep (PC)