レビュー  1977年06月04日  に発表された 

超電磁マシーン ボルテスV (全40話)
Super Electromagnetic Machine Voltes V

4ツ星

さらにかっこよく

『コン・バトラーV』の後番組。5人の若者たちが5機合体するロボットで、侵略者をやっつけるという、まったく同じことの繰り返しなんだけど、デザインは洗練され、ドラマは重厚になった。
キャラクターはやっぱりバトルチームの方が好きで、前半はほとんどドラマを見ていなかった。とにかくボルテスVがかっこよくて、「天空剣Vの字斬り」はしびれた。たまらない。

最終回付近で、ドラマのおもしろさに気づく。ガルーダの焼き直しとしてか見てなかったハイネルが、まさか主人公たちの異母兄弟で、あんな最期を遂げるとは。あの最終回──物語全体の流れを知った上で見ると、前半パートも楽しめる。こうなると、ロボットはどうでもよくなる。不思議なものだ。

『コン・バトラーV』とほとんど同じプロットから、これほどのストーリーを構築するセンスに脱帽する。おもしろかった。

 Googleで「超電磁マシーン ボルテスV 」を検索する
 Wikipediaで「超電磁マシーン ボルテスV 」を検索する
 IMDBで「Super Electromagnetic Machine Voltes V」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00M91709M
思考回廊 レビュー
超電磁マシーン ボルテスV (全40話)