レビュー  2014年06月21日  に発表された 

聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY
Saint Seiya: Legend of Sanctuary

2ツ星

ストーリーがしょぼい

リファインされた聖衣はかっこいいが、演出が足りず、潜在的な魅力を引き出せなかった。ストーリーの再構築も半端で、入門者にとっては説明不足、古参のファンには燃焼不足になった。

「聖域十二宮編」を93分に収めるには、いろいろ削らなくちゃいけないのはわかる。だのに蟹の出番は長く、どうでもいいセリフが冗長だったりする。蠍座を女にして、山羊座を正義にする翻案が許されるなら、偽アテナに化けていたのは魚座、アテナに矢(=毒)を打ち込むのが蠍座、教皇の中身は天秤座か乙女座にするくらいの整理をすべきだった。
巨大石像もへこい。黄金聖闘士を壊滅させるパワーがなければ説得力がないし、黄金聖闘士が壊滅しなければ星矢の出番はないはず。「ヘカトンケイル」くらいの名前もほしかった。

星矢と沙織の純愛を軸に据えたのは正解。古参ファンは戸惑うが、軸はシンプルな方がいい。しかしこれも演出が足りず、上っ面なラブラブに見えてしまったのは残念だ。沙織さんの性格と声もグッド。悪いのは役回りだ。ふつうの女子高生が女神になって、素敵な騎士をたくさんもつ興奮が、さっぱり描けてなかった。

せっかくのチャンスをもったいない。

 Googleで「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」を検索する
 Wikipediaで「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」を検索する
 IMDBで「Saint Seiya: Legend of Sanctuary」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00NIB8I2U
思考回廊 レビュー
聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY