レビュー  2011年10月20日  に発表された 

PAYDAY: The Heist (PC)
PAYDAY: The Heist

5ツ星

いいか、PAYDAYは遊びじゃない

マスクをかぶった犯罪者になって、銀行強盗や現金輸送車を襲撃するゲーム。弁解の余地がない犯罪行為であり、ミッションごとに大量の死傷者が出る。レベルの概念があって、ミッションをこなすとキャラクターや武器が強化されていくが、自分の習熟もあいまって、冷静に、スムースにミッションを処理できたときの達成感がたまらない。
多くのRPGはレベルが上がると新しい場所へ行き、新しいモンスターと戦うが、PAYDAYは同じミッションを繰り返すだけ。だけど、楽しい。ランダム要素もいいアクセント。手順をきっちり果たすことより、不慮の事態に対応することが醍醐味になる。中毒性がある。

友だちとのマルチプレイで、『L4D2』の次にやりこんだ。無料で配布されていたこともあり、軽い気持ちで参加したが、あまりの難易度に驚いた。困ったのは友だちが真剣だったこと。
「いいか、PAYDAYは遊びじゃねぇんだ。事前にWikiを読んで、何度も練習してから本番に挑め。終わったら復習を忘れるな!」
まるで部活動だ。私はゆったりゲームを楽しみたいが、そんな雰囲気じゃなかった。まぁ、楽しかったけど。



Steam: PAYDAY: The Heist

 Googleで「PAYDAY: The Heist 」を検索する
 Wikipediaで「PAYDAY: The Heist 」を検索する
 IMDBで「PAYDAY: The Heist」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00NN5ETQ0
思考回廊 レビュー
PAYDAY: The Heist (PC)