レビュー  2014年12月31日  に発表された 

憑物語 / よつぎドール (全4話)
Possession Story / Yotsugi Doll

4ツ星

これは中途半端

なんかおかしいと思ったら、ファイナルシーズン三部作の第一弾だった。トラブルが収束しても、問題は残されたまま。阿良々木暦はふつうの人間として生きるのか? そのために代償を払えるか? 起承転結の「起」、もしくは登場人物の紹介が終わったところ。今後の展開が気になるが、次がないからヤキモキする。揃ってから見ればよかった。

例によって前半は無駄話とサービスシーンだが、今回はどちらも不発。前振りは前振りのままだし、兄妹の入浴は異質だ。

斧乃木余接はだんだん愛らしくなる。人はなぜ哲学ゾンビに萌えるのだろう? 多くの人は、余接に心がある前提で好いているのか、心の有無は気にしていないのか?

あれこれ語りたいが、物語が終わってない以上、このへんで止めておこう。

 Googleで「憑物語 / よつぎドール 」を検索する
 Wikipediaで「憑物語 / よつぎドール 」を検索する
 IMDBで「Possession Story / Yotsugi Doll」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00OODQG5W
思考回廊 レビュー
憑物語 / よつぎドール (全4話)