レビュー  2013年10月18日  に発表された 

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース (全48話)
JoJo's Bizarre Adventure PART3 Stardust Crusaders

3ツ星

不気味な自主規制

第1期につづき、原作をそのままアニメ化している。追加シーンもちょこちょこあるが、再解釈というほどじゃない。当て身を受けたタワー・オブ・グレイや家出少女の不自然さもそのまま。漫画の冗長なセリフもそのままだが、声優さんの名演でカバーしている。絵もあまり動かない。一歩間違えばピクチャードラマになるところだ。
第3部は1993年に後半6話、2000年に前半7話がOVAとして制作され、鑑賞している。だから今回は新機軸を打ち出してほしかったが、そういう企画ではなかったようだ。なので新鮮味はまったくないが、まぁ、最後まで安心して見ることができた。放送開始に合わせ多数のフィギュアが販売され、ブームが再燃したから、これはこれで正解だったのだろう。

眉をひそめるのは自主規制。傷口はともかく、承太郎の喫煙シーンを伏せる意味がわからない。主人公が啖呵を切るシーンで顔の下半分が黒塗されるのは興ざめというより、不気味だ。美少女の入浴シーンのようにDVDでは解除されるんだろうか? どうでもいいけど。

連載当時はおまけと思っていたエジプト編が、全体の半分を占めていたことに驚いた。最終決戦ではオープニングとドラマが融合するなど、ちょこちょこ工夫が凝らされており、まぁ、がんばったなと思う。
おもしろかったとは言えないが、悪くもないアニメ化だった。

 Googleで「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 」を検索する
 Wikipediaで「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 」を検索する
 IMDBで「JoJo's Bizarre Adventure PART3 Stardust Crusaders」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00R10XG76
思考回廊 レビュー
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース (全48話)