レビュー  2015年04月11日  に発表された 

シドニアの騎士 第九惑星戦役(第2期-全12話)
Knights of Sidonia: Battle for Planet Nine's

5ツ星

米泥棒から英雄に

第1期もよかったが、第2期はさらにおもしろくなった。白羽衣つむぎはかわいいし、岐神海苔夫はキーキャラクターになるし、シドニアの技術力は大きく進化するし、科戸瀬イザナはみずからの性を決めるし、物事が大きく動き出した。ふりかえると、第1期は序章でしかなかった。

人類とは、生命とは、知性体とはなにか? 重たいテーマが交錯するが、谷風長道のキャラクターのおかげで気軽に見られるのもいい。ほんとにおもしろい。

ラストは盛り上がるものの、シドニアの長大な旅路においては一里塚にすぎぬ。シドニアは奇居子(ガウナ)に勝てるのか? 安住の地を見つけられるのか? そこまで描いてほしいと思っていたが、人間の限られた寿命で人類の行く末を見ようと思うのは傲慢かもしれない。
第3期はあるのだろうか? なければ困る。つづきが楽しみだ。

 Googleで「シドニアの騎士 第九惑星戦役(第2期-全12話)」を検索する
 Wikipediaで「シドニアの騎士 第九惑星戦役(第2期-全12話)」を検索する
 IMDBで「Knights of Sidonia: Battle for Planet Nine's」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00SMO1C1W
思考回廊 レビュー
シドニアの騎士 第九惑星戦役(第2期-全12話)