[Edit]
[レビュー1984年08月03日に発表された 

フィラデルフィア・エクスペリメント

The Philadelphia Experiment

もどかしい

名前は知っていたが、鑑賞したのは2016年。じつに36年の隔絶があり、劇中の現代(1984年)が異質に見えてしまった。思い起こせば80年代は『ファイナル・カウントダウン』(1980)、『ターミネーター』(1984)、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)など、タイムスリップを題材にした映画が多かった。次元の壁がゆるかったのかもしれない。

本作は都市伝説「フィラデルフィア計画」をモチーフにしていることが特長だが、「ほんとうにあった事件の真相」という切り口はまったく説明されない。また軍からの逃避行パートが長いため、SF要素がかすんでいる。そしてクライマックスとなるべき、年老いた相棒との再会は拍子抜けするほど短い。映画のラスト、フィラデルフィア計画が悲惨な結果をもたらしたことが明かされるが、だからといって友人に情報を伏せるのは理解しがたい。思わせぶりな予言がほしかった。

ちょっとずつ物足りないが、ダメというわけじゃない。
まぁ、タイムスリップものをたくさん見た「未来」から鑑賞したせいなんだろうな。

Share

Next