[Edit]
[レビュー2015年04月07日に発表された 

響け! ユーフォニアム (全13話)

Sound! Euphonium

青春っていいなぁ

合唱や合奏、スポーツ競技などで、若者たちが団結力を培う映画はけっこうあるが、ほとんどすべて「気持ちの一致」だけで完結する。おそらく制作者に経験がないのだろう。実際は、やる気があるだけじゃ到達できない境地があり、相手を思いやるだけでは解決できない問題がある。若者たちは壁を乗り越えたり、あるいは乗り越えられないことで成長する。

本作は、そうした青春の葛藤をよく描いている。主人公はなんでもソツなくこなしていたが、本気になったことで壁を痛感する。また、そのことによって他者の心を思いやれるようになる。先生は合奏に強い思い入れはあるが、決して生徒に命令しない。そしてトランペットソロを巡る騒動で突きつけられる落差。部員たちそれぞれがリアルで、心に響く。

難点を挙げるなら、容姿が美しすぎること。久美子はモデルのように華やかだし、麗奈との距離感は怪しいものを感じさせる。『氷菓』もそうだった。アニメであり、商売である以上、美少女を描くのは当然なんだけど、テーマや物語の要請から乖離しているように思う。まぁ、気にしても仕方ないが。

もう1つの難点は、全13話で完結しなかったこと。久美子と麗奈の和解もいささか唐突。まぁ、続編を作る予定があるなら、無理に区切ることもないのか。

ともあれ、ていねいに作られた青春ドラマだった。

Share