レビュー  2015年03月14日  に発表された 

劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!
Ultraman Ginga S: Showdown! Ultra 10 Warriors!!

3ツ星

安直すぎません?

ウルトラマンギンガビクトリーのデザインがよろしくない。名前が長く、形状が複雑で、色が多い。子どもが気軽に描けないぞ! ウルトラマンのデザインはシンプルにしてほしい。ヴィクトリーの模様、ヴィクトリーの色数に憤慨していたが、両方を混ぜるなんて許されない!

ウルトラフュージョンブレスもあざとい。特撮番組が商品の宣伝であることは百も承知だが、あまりにも玩具っぽい。ストリウムブレスの補完ではなく、全部入りにすりゃいいのに。

ストーリーも媚びまくり。マナの復活や、男2人(ヒカルとショウ)の友情合体とか、呆れ果てる。アレーナにもウルトラマンの排除を正当化するだけの哲学なくて、がっかり。
多次元のウルトラマン客演も、『ウルトラマンX』にウルトラマンマックスが出てきた回を見た後だったから、焼き直しにしか見えなかった。

ゼロによる特訓シーンはおもしろかった。どんな世界にも乱入できるゼロは、おもしろいキャラクターになった。


 Googleで「劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!」を検索する
 IMDBで「Ultraman Ginga S: Showdown! Ultra 10 Warriors!!」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00VRMLLQM
思考回廊 レビュー
劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!