[Edit]
[レビュー2015年03月14日に発表された 

劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!

Ultraman Ginga S: Showdown! Ultra 10 Warriors!!

安直すぎません?

ウルトラマンギンガビクトリーのデザインがよろしくない。名前が長く、形状が複雑で、色が多い。子どもが気軽に描けないぞ! ウルトラマンのデザインはシンプルにしてほしい。ヴィクトリーの模様、ヴィクトリーの色数に憤慨していたが、両方を混ぜるなんて許されない!

ウルトラフュージョンブレスもあざとい。特撮番組が商品の宣伝であることは百も承知だが、あまりにも玩具っぽい。ストリウムブレスの補完ではなく、全部入りにすりゃいいのに。

ストーリーも媚びまくり。マナの復活や、男2人(ヒカルとショウ)の友情合体とか、呆れ果てる。アレーナにもウルトラマンの排除を正当化するだけの哲学なくて、がっかり。
多次元のウルトラマン客演も、『ウルトラマンX』にウルトラマンマックスが出てきた回を見た後だったから、焼き直しにしか見えなかった。

ゼロによる特訓シーンはおもしろかった。どんな世界にも乱入できるゼロは、おもしろいキャラクターになった。

ウルトラマン
1966 Q
1966 マン
1967 キャプテン
1967 セブン
1968 怪奇大作戦
1971 帰マン  
1972 A エース  
1973 タロウ
1974 レオ  
1979 ザ☆マン
1980 80  
1984 キッズ
1988 USA  
1990 G
1993 パワード  
1994 平成セブン
1995 ネオス
1996 ゼアス
1996 ティガ
1997 ダイナ
1998 ガイア
1999 ナイス
2001 コスモス
2004 ネクサス
2005 マックス  
2006 メビウス
2006 WoO
2007 SEVEN X
2007 大怪獣バトル
2009 ゼロ
2011 ゾーン
2013 ギンガ
2015 X エックス
2016 オーブ
2017 ジード  
関連
- 関連作品
  新世紀
  ウルトラキッズDVD
  ダイジェスト
  TIME-SLIP
  ゲーム

Share

Next