レビュー  2015年04月04日  に発表された 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (全11話)
Is It Wrong to Try to Pick Up Girls in a Dungeon?

2ツ星

めっためたライトファンタジー

「ヘスティアの紐」が大流行したので、どんな作品だろうとニコニコ動画で全話鑑賞した。ゲーム感覚のライトファンタジーの世界観に戸惑うが、なにより物語の方向性が見えなかった。

純朴な少年がぐんぐん成長し、周囲の人達は無償の愛を注ぎ、努力は報われ、障害は突破される。べつに人間の醜悪さを見たいわけじゃないが、ここまで抵抗がないと拍子抜けする。
ヘスティアはなぜベルにご執心なのか? ベルが憧れる英雄とはなにか? アイズ・ヴァレンシュタインに目指すものはあるのか?
わからない。「すべて仮想空間の出来事でした」というオチを警戒したが、夢が覚める気配はなかった。

ヘスティアの見た目はかわいいが、キャラクターとして好きになるほど描かれてない。みんな、こーゆーのが好みなの?

 Googleで「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 」を検索する
 Wikipediaで「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 」を検索する
 IMDBで「Is It Wrong to Try to Pick Up Girls in a Dungeon?」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00W3JB1TA
思考回廊 レビュー
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (全11話)