レビュー  2015年04月05日  に発表された 

猫侍 SEASON2 (全11話)
Nekozamurai Season2

2ツ星

まだら鬼、ただのコミュ障に

第1期もふざけた時代劇だったが、第2期はさらにコミカルに、ゆるーいドラマに仕上がっていた。

再起を賭けて江戸へ上った斑目久太郎。しかし仕官先のあてがあるわけじゃなく、さりとて剣術指南役以外の仕事をやるつもりもなく、その日暮らしがつづくだけ。「妻子に申し訳ない」とか「猫は家族」と言ったところで、まったく説得力がない。さらに知らない人と話すときに声が上ずる演出が強調され、駄目人間っぷりが目立つ。いくらなんでもひどすぎませんかね?

猫を飼ってる人なら当然遭遇するであろう悩みや疑問もない。そもそも猫が映っている時間も短くなって、久太郎のドタバタコメディがだらだらつづく。これはこれで悪くないが、おもしろいとは言えないな。

 Googleで「猫侍 SEASON2 」を検索する
 Wikipediaで「猫侍 SEASON2 」を検索する
 IMDBで「Nekozamurai Season2」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00XNKO0Y6
思考回廊 レビュー
猫侍 SEASON2 (全11話)