レビュー  2013年07月18日  に発表された 

RWBY Volume1 (全16話)
RWBY Volume1

2ツ星

日本特有の文化じゃなくなった

アメリカで制作されたWEBアニメシリーズ。3DCGの完成度は決して高くないが、中高生が喜ぶキャラクターデザイン、武器、雰囲気作りがうまい。言い換えると、「かわいい」「かっこいい」「おれ(あたし)ツエー」「発展途上」「仲間がいる」「組織(学校)に属している」「叱ってくれる大人がいる範囲内で、やりたい放題」ってこと。こんな作風は日本特有と思っていたが、アニメや漫画、ゲームと一緒に輸出され、根付いてしまったようだ。いやはや。

ストーリーや世界観、キャラクターについて語ることはない。最初のナレーションからチンプンカンプンで、2話で考えるのやめた。吹き替え版を見たから、声優の魅力がたまらない。まぁ、それだけ。

こういう作品もあるんだね。

 Googleで「RWBY Volume1 」を検索する
 Wikipediaで「RWBY Volume1 」を検索する
 IMDBで「RWBY Volume1」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B013T2XW2I
思考回廊 レビュー
RWBY Volume1 (全16話)