レビュー  2015年06月19日  に発表された 

インサイド・ヘッド
Inside Out

4ツ星

自分と他人を理解するために

はじめは『インサイド・ベッド』と読んで、寝床の中──すなわち夢の話と思っていた。映画を見る直前、『インサイド・ヘッド』と気づいたが、鑑賞後、原題が『Inside Out』とわかって愕然となった。
直訳して「裏返し」。よかれと思ったことが状況を悪化させ、最悪と思われたカナシミがブレイクスルーになる。5つの感情がライリーを操作しているように見えるが、彼らのバランスこそがライリーである。表と裏があるように見えて、じつは一体のもの。それが「こころ」なのだ。そう考えると納得できる。
『インサイド・ヘッド』はしっくりこない邦題だが、妙案もないか。

はてさて本編だが、ドラマらしいドラマはない。「パンツを履き忘れた夢」とか、「事実と意見は見分けがつかない」とか、「奈落に落ちたら消える」とか、「感情は辞められない」とか、「脈略なくCMソングを思い出す」とか、とにかく設定のアイデアがおもしろい。ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリの5分割も秀逸。うち1人がリーダーになって気質が決まることも納得できる。デザインや演出も素晴らしく、たとえばヨロコビはつねに浮き足立っていて、楽観的な性質が見てわかる。ほんと、センスがいい。

これほど特殊で、複雑な世界観を、順序よく見せることが、この映画のすべてだ。ライリーは複雑な感情を得ることで成長するが、それはドラマではなく、1つの事例でしかない。
この映画を見ることで、「こころ」を理解しやすくなるだろう。他人を理解できるし、自分を理解できる。自分の感情を大切にするだろう。
また感情がもたらす効果は、印象と一致しない。たとえばイカリが優しさを、ビビリが勇気を、ムカムカが尊敬されることもあるだろう。応用の幅が広い。

いわゆる童話ではないが、多くの子どもたちに見てほしい1本である。

 Googleで「インサイド・ヘッド」を検索する
 Wikipediaで「インサイド・ヘッド」を検索する
 IMDBで「Inside Out」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B018DQQXLC
思考回廊 レビュー
インサイド・ヘッド