[Edit]
[レビュー2016年01月08日に発表された 

だがしかし (全12話)

Dagashi Kashi

声優に依存

巷で話題になっていたので原作第1巻を読んだが、まさかアニメ化するとは思わなかった。色がついて、動いて、声がすると、荒唐無稽なシチュエーションで受動的な少年がモテる典型的なハーレムアニメとなった。

オープニングが放送に間に合ってないところを見ると、余裕がない中でアニメ化したようだ。なので、新しい魅力を付与するような工夫はなく、ひたすら声優の力に依存している。無理にアニメ化しなくてもいいのに。アニメ業界はサメと同じで泳ぎ続けないと死んでしまうのかな。

駄菓子のうんちくや、枝垂ほたるの視線は素晴らしいが、そのへんは原作でも味わえる。竹達彩奈の声は、オーディオブックがあればそれでいい。まぁ、そんな作品だった。

Share

Next