レビュー  2015年09月12日  に発表された 

ハードコア・ヘンリー / Hardcore Henry
Hardcore Henry

4ツ星

衝撃の映像体験

あらすじ

 サイボーグ手術によって蘇生したヘンリーは、記憶と声を失っていた。科学者であり妻と名乗るエステルが、超能力者エイカンが率いる武装集団に拉致されたため、ジミーと名乗る複数の男たちの協力を得て追跡する。

 ゲーム『PAYDAY2』のコロボ企画で知って、鑑賞する。
 最初から最後まで一人称視点で撮影されており、落ちたり、飛んだり、転がったりのアクションの臨場感がすさまじい。カットの接続はあるが、ほとんどリアルタイムで映画が進行するのも驚き。
 ヘンリーはしゃべらないことも没入感を高めている。なにも言わないが、やるべきことはわかっていて、手段は選ばない。モラルに制約されないところも好感がもてる。
 そしてエステルの美しさが、行動の動機となる。彼女のためなら、自分が傷つこうが、他人が傷つこうが、かまわない。そう思えるだけの輝きがある。ほんと、よくできてる。

 ジミーは、しゃべれないヘンリーに変わって状況を説明してくれるが、その正体はあまりにも特殊で、注意が逸れてしまった。それは超能力者エイカンも同じで、ヘンリーの能力が埋没してしまった。
 ジミーはヘンリーと同じサイボーグ、エイカンもサイボーグ。それでいいと思うが、それじゃまるすぎるか。

 最終決戦は、まさにゲームの中でしか見たことのないアクションの連続だった。いやはや強烈。FPSゲーマーなら一度は見るべきだ。

 Googleで「ハードコア・ヘンリー / Hardcore Henry」を検索する
 Wikipediaで「ハードコア・ヘンリー / Hardcore Henry」を検索する
 IMDBで「Hardcore Henry」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B01EJGCCTC
思考回廊 レビュー
ハードコア・ヘンリー / Hardcore Henry