レビュー  2017年02月09日  に発表された 

The Wild Eight (PC)
The Wild Eight

3ツ星

サバイバルは楽しいが、その先は?

ロシア産の見下ろし型のサバイバルゲーム。飛行機事故で極寒のアラスカに取り残された主人公が、寒さや飢え、猛獣の脅威から身を守りつつ、生還を目指す。能力が異なる8人のキャラクターが用意されているが、画面上にいるのは自分だけ。マルチプレイなら、役割分担ができてスムースかもしれない。

死ぬとアイテムはその場に散乱し、墜落した飛行機でリスポーンする。スキルもリセット。なので遠くで死んだ場合、ノースキル、ノーアイテムで資源回収するミッションに悩まされる。飛行機の周辺の資源は枯渇するため、リスポーン後の復帰は、初回より難しくなる。
ただ自分の肉を、リスポーンした自分が食べることもできるため、明日のために働くだけ働いて死ぬ、という選択もある。

やはりサバイバルゲームはおもしろい。資源を集め、道具を作り、狩りをして、より遠くまで行けるようになると、妙な施設が見つかる。そこでふと、生還のプランを考えてみる。
どっかで無線機を修理して、救助を呼ぶのか?
雪上車やヘリコプターを見つけて、自力脱出か?

すると意外や意外、軍事施設が見つかって、モンスターに襲われて壊滅。なんだそりゃ? その先はまだ制作されていないそうだ。うむむ。



Steam: The Wild Eight

 Googleで「The Wild Eight 」を検索する
 Wikipediaで「The Wild Eight 」を検索する
 IMDBで「The Wild Eight」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B01IVDYW0G
思考回廊 レビュー
The Wild Eight (PC)