レビュー  2016年07月31日  に発表された 

シャークネード4(フォース) サメ覚醒

3ツ星

つづける気、満々だな

このシリーズにストーリーとか整合性を求める人はいないだろう。物理的にありえないことが起こっても、笑いながら、ツッコミを入れながら楽しむだけだ。

とは言うものの、不可解な点も少なくない。フィン・シェパードは「サメ退治の専門家」を飛び越え、「救世主」のような扱いになってるが、ちょいと無理がある。そんなフィンに、アストロX社の経営者が協力を要請するが、なぜか暴言を吐きまくる。わけがからない。奥さんエイプリルの改造はいいとして、父親が嘘をついた理由があいまい。フィンの父親も最初から地球に帰還してるが、これと言った出番はない。

クライマックスで夫婦がヌークリアネードに立ち向かうが、中途半端なところで終わる。続編への引きってことだろうか? そーゆーことをしちゃうんだ。やれやれ。

いろいろ頑張ってるが、第3弾ほど楽しめなかった。たしかにストーリーや整合性は求めないが、釈然としない展開は好ましくないし、なによりスカッと終わらせてほしかった。

 Googleで「シャークネード4(フォース) サメ覚醒」を検索する
 Wikipediaで「シャークネード4(フォース) サメ覚醒」を検索する
 IMDBで「」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B01LSYL0H8
思考回廊 レビュー
シャークネード4(フォース) サメ覚醒