レビュー  2015年05月22日  に発表された 

ポルターガイスト (リメイク)
Poltergeist

2ツ星

明らかに攻撃されている

『ポルターガイスト』(1982)のリメイク。オリジナルを見たのはずいぶん前だけど、こんな内容だったっけ? たしか平凡な家族の話だったはずだが、お父さんはダメ男で、お姉さんはプチ反抗期と、どうでもいい個性が追加されている。墓地が分譲されたことも前半で明かされるし、乗り込んできた霊能力者は飛び抜けてウソっぽい。

そして霊現象が起こるわけだが、どれも目の錯覚とか気の迷いじゃなくて、物理的な攻撃であることに驚く。人形が飛びかかってくる、床に穴が空いて足を引っ張られる、電動ドリルを奪われ、恐怖を味あわせたあと解放され、異次元空間に引っ張られる。これって幽霊のしわざじゃなくて、宇宙人か異次元人に狙われているよね? ここまで物理攻撃されるなら、物理攻撃が有効だろう。たぶん怨霊たちはサブマシンガンで撃退できるよ。

スマートフォンやドローンを使ったのは目新しいが、大型液晶モニタにデザートノイズが映ったり、スマートフォンの画面に接触不良が起きるところはセンスが古い。ぜんぜん怖くはないが、ファンタジー映画と思ってみれば、そこそこ楽しめた。でもこの映画を見るくらいなら、オリジナルを借りてくる方がいいと思うな。

 Googleで「ポルターガイスト 」を検索する
 Wikipediaで「ポルターガイスト 」を検索する
 IMDBで「Poltergeist」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B01LTHL0HO
思考回廊 レビュー
ポルターガイスト (リメイク)