レビュー  2017年01月14日  に発表された 

劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊
Doubutsu Sentai Zyuohger vs. Ninninger the Movie: Super Sentai's Message from the Future

4ツ星

「おれの時代までスーパー戦隊が続くように!」

毎年恒例の戦隊VSシリーズの劇場版。私は両作品とも見てないが、とても楽しめた。キャラクターが多くて、変身を解くとだれがだれか、どっちの陣営かもわからないが、それでも各位の個性がよく描かれている。また騒動を起こすニンニンジャー、巻き込まれるジュウオウジャーという構図もうまい。またそれを象徴するように、押しまくるアカニンジャー(伊賀崎天晴)と、押されまくるジュウオウイーグル(風切大和)もいい。

本作は珍しく2つの戦隊が本気で衝突している。事情を察したレッドが必死に説得するが、まったく耳を貸してもらえない。レッドの弱さは嘆かわしいが、リアルで困る。ヒーローたちは個性的でありながら、ヒーローとしての本分を失わない脚本もよかった。

そして対決パート。親子3代の揃い踏み変身、未来が変わったことで次のスーパー戦隊(キュウレンジャー)が駆けつける、さらにスーパー戦隊のレッド、およびロボットが力を貸してくれる。唐突で、大盤振る舞いだが、「つながる」ことの大切さが強調されて嬉しい。

戦いになると、ガジェットを回したり、ボタンを押したり、がちゃがちゃ操作するのは大変だ。この傾向は仮面ライダーやウルトラマンも同じだけどさ。おもちゃが売れて、安定的に特撮番組が供給されるのは嬉しいが、ときどき、ガジェットの複雑さに白けてしまう。

ところでアカニンジャーが結婚してたとは驚き。だから息子の存在をすんなり受け入れたのか。しかし相手を伏せたままなのはなぜ? テレビシリーズを見ればわかるのだろうか?

 Googleで「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊」を検索する
 IMDBで「Doubutsu Sentai Zyuohger vs. Ninninger the Movie: Super Sentai's Message from the Future」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B01MXSJGI4
思考回廊 レビュー
劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊