レビュー  2017年05月20日  に発表された 

BLAME! (劇場アニメ版)
BLAME! (Movie)

3ツ星

おもしろい。でも、もっとできたはず!

まず、声がいい。霧亥(櫻井孝宏)もいいが、やっぱりサナカン(早見沙織)にしびれた。「漫画を読んでいたとき脳内で聞こえていた声は、これでしょ?」と言わんばかりのフィット感。たまらない。そしてシボの身長と足音もそそる。偽装ネット端末遺伝子の筐体を軽々持ち運ぶ姿もすてき。いい。じつに、いい。

ストーリーはうまく再構成されている。人間らしくない霧亥視点から、村娘(づる)視点に置き換えたのは正解だ。西部劇のような雰囲気も、親しみやすい。
しかし無駄な会話、無駄な間が多い。同じ質問を繰り返したり、明らかな脅威にまごついたり。二度三度見ると、そうした無駄が気になってしまう。映画の尺にあわせるため、脚本を水増ししたんだろうか?

自動工場に向かう15ブロックの旅も物足りない。たとえば宮﨑駿の漫画『風の谷のナウシカ』で、ナウシカが蟲使いたちと現場に向かうシーンは、装備の重さ、ペース配分などが描写され、リアルだった。
この時代の人々はどうやって都市を歩くのか? 数日かけた遠征なんて、電基漁師たちでも経験が乏しいだろう。オリジナル解釈も含め、そうしたところを肉付けしてほしかった。

そして2006年のOVA版につづき、今回も「大地って何だ?」という衝撃のセリフがなかった。霧亥がダメなら、づるに言わせればいいのに。BLAME!世界を象徴する名台詞なのに、もったいない。

ただ、シャキサクの翻案はおもしろかった。

 Googleで「BLAME! 」を検索する
 Wikipediaで「BLAME! 」を検索する
 IMDBで「BLAME! 」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0748N8JGL
思考回廊 レビュー
BLAME! (劇場アニメ版)