レビュー  2017年11月23日  に発表された 

ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス / Wolfenstein II: The New Colossus (PS4)
Wolfenstein II: The New Colossus

3ツ星

真似のできない荒唐無稽

第二次世界大戦でナチス・ドイツが勝利した世界で、正義のテロを敢行するアクションゲーム。ナチスは例外なく邪悪で、下品で、救いようがないから、躊躇なく殺す。徹底的に殺す。見境なく殺す。勝利のためなら、核の使用も許される。すさまじい。

下半身不随でも、パワードスーツを装着すれば無敵。暴力的なお父さんも、成人すれば怖くない。ナチスに捕まって、処刑される寸前で暴れまわる夢を見る。処刑されても、首の挿げ替えで復活。そして舞台は金星へ・・・。もう、なにがなんだか。

ナチスもひどいが、ブラスコヴィッチもひどい。なにが正義か問うても無駄だから、勝ったほうが正義を名乗る。だから戦う。徹底的に、容赦なく、勝つまで殴りつづける。むちゃくちゃだが、『バイオハザード』や『サイコブレイク』の甘ったるい正義よりマシだったりする。むしろ、これこそ正義であろう。

荒唐無稽だが、似たものがありそうでない。妙に味わい深いゲームだった。



Steam: Wolfenstein II: The New Colossus

 Googleで「ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス / Wolfenstein II: The New Colossus 」を検索する
 Wikipediaで「ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス / Wolfenstein II: The New Colossus 」を検索する
 IMDBで「Wolfenstein II: The New Colossus」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0761YQ9LN
思考回廊 レビュー
ウルフェンシュタインII:ザ ニューコロッサス / Wolfenstein II: The New Colossus (PS4)