[Edit]
[レビュー2018年04月20日に発表された 

ゴッド・オブ・ウォー / God of War (PS4)

God of War

素晴らしいが、完結しない

あらすじ

クレイトスは北欧の地に流れ着き、家庭を築き、平和に過ごしていた。あるとき最愛の妻フェイが亡くなった。一番高い山の頂から遺灰を撒いてほしいとの遺言を果たすため、クレイトスは息子アトレウスと旅に出る。

『GOD OF WAR III』でシリーズは完結したが、舞台、ストーリー、システム、声優を一新して再スタートする一作目。なのでタイトルにも副題なし。気持ちはわかるが、ややこしい。

『GOD OF WAR』の魅力はクレイトスの正義なき暴力だが、本作の彼は老いた父親であり、北欧神話の神々と争う理由もないため、受け身に徹している。ぶっちゃけ、『GOD OF WAR』である必然性は感じられない。
ブレイズ・オブ・カオスを手に入れたところで、ぐぐっと盛り上がるが、それでも戦う理由は乏しい。また息子アトレウスが暴力に酔いしれたため、クレイトスはブレーキ役にならざるを得ないから、思う存分暴れることへの抵抗感がつきまとう。
そしてラスト。なんと物語は完結せず、いつ発売されるかわからない続編に持ち越しに。なんだよそりゃ! だったら「北欧編1」とか、副題をつけてほしかった!

映像は美麗。めちゃくちゃ美麗。またシーンの暗転がなく、会話から先頭、インベントリの整理、ポータル移動もすべてワンカットにまとめられている。VRゲームじゃないが、ヘッドマウントディスプレイが欲しくなる臨場感だった。

驚嘆する映像クオリティだが、やはり『God of War』シリーズであることがずっと気になってしまった。完結しなかったことも大きなマイナス。もっと短くまとまっていたら、歴史に残る傑作ゲームになったように思う。


Share

Next