[Edit]
[レビュー2018年02月09日に発表された 

ピーターラビット Peter Rabbit

動物が人間の友だちじゃなくてもいいけどさ。

私はオリジナルの「ピーターラビット」がどんな作品か知らないが、絵柄から受ける印象は「ほのぼの」である。しかしこの実写版で描かれるピーターラビットは自分本位で、人間の理解者でも友人でも隣人でもない。害獣である。

ピーターラビットを擁護する画家ビアが異常で、ラビット殲滅を推進するマグレガーを応援したくなる。とはいえ、やはり人語を解するものを殺処分するのは抵抗があり、そういう意味でも、始末に困る連中だ。

ドタバタやりあって、友情っぽいものが芽生えているけど、どうでもいい。虚しい戦いであった。

Share