[Edit]
[レビュー2017年12月15日に発表された 

スカイライン -奪還- Beyond Skyline

まさかの続編、まさかのアクション。

「スカイライン -征服-」(2010)は、宇宙人の侵略を無力な市民の目線で描いた意欲作だったが、本作は市民が地球奪還のため戦うアクション映画になっている。宇宙人もプレデターのようなデザインに刷新され、回し蹴りも繰り出してくる。市民はさまざまな武器を使って、これを撃退していく。いやー、どうしてこうなった。

ちゃんと前作とつながっていて、前作を見てないとわかりにくいところがある。ここまで切り口を変えるなら、前作の設定など忘れてしまえばいいのに。引き継いだ設定がうまく使われているわけでもない。

とにかくアクション映画だった。そんな馬鹿なーと笑いながら楽しめた。

Share