[Edit]
[レビュー2019年07月26日に発表された 

ウルフェンシュタイン:ヤングブラッド / Wolfenstein:Young Blood (PC) Wolfenstein:Young Blood

やっぱブラスコヴィッチじゃないとなぁー

 本作の主人公は、ブラスコヴィッチの双子の娘。やはりナチスを相手に、情け容赦ない殺戮を繰り広げるわけだが、やはりブラスコヴィッチのような魅力はない。ブラスコヴィッチが殺戮を躊躇したり、悩むわけじゃないけど、双子の美少女姉妹だと倫理観も吹っ飛ぶ。まぁ、ナチスはナチスで同情できる存在じゃなく、まぁ、好きにやれといったところ。
 ブラスコヴィッチは出てこないと思っていたので、終盤での合流は驚いた。これじゃシリーズを継続しにくい。もともとストーリーや情勢変化を求めていたわけじゃないから、どうしてこうなったのか理解に苦しむ。
 ま、いっか。



Steam: Wolfenstein:Young Blood

Share