[Edit]
[レビュー2018年08月15日に発表された 

ホワイトシャーク Frenzy

ユーチューバー vs サメ

 「ホワイトシャーク」ってなんだと思ったら、ホオジロザメのことだった。突然変異したわけじゃなく、ふつうのホオジロザメ。まぁ、十分脅威だけどさ。

 若者たちはセスナの墜落によって危険水域に投げ出される。馬鹿な連中だが、因果応報ってわけでもない。ヒロインは、仲間たちと過ごした日々を思い出したり、幻覚の仲間たちに励まされて、1つずつ窮地を脱していく。そして最後は、今後もこの活動を続けると世界に宣言する。おいおい、イイ話にしたいのか? それにしては回想シーンはくだらないものばかり。制作者の意図がわからない。いや、なにか考えて作っているわけじゃないか。

 ストーリーはいいとして、アクションもしょぼい。ホオジロザメに岩を落とすとか、油をまいて燃やすとか、倒し方も安直。まー、ダイナマイトで爆殺も見飽きてるか。
 これほど粗製濫造されたサメ映画、なぜ衰退しないのか。

Share

Next