[Edit]
[レビュー2019年07月19日に発表された 

ライオン・キング (超実写版) The Lion King

動物がしゃべってる。

アニメ映画『ライオン・キング』(1994)の実写版、と言いたいところだが、実写映像は使われていないそうだ。つまりフルCG。ディズニーでは「超実写版」と呼ぶらしい。あまりにリアルで、実写と見分けがつかない。動物が動物らしくない動きをするから、実写じゃないとわかるレベル。裏を返すと、つねに不自然さがつきまとう。動物がしゃべったり、策謀を巡らせたり、愛し合ったり。アニメはアニメで割り切れるけど、超実写版は頭がくらくらした。

正直、さっぱり没入できなかった。
動物映画もいっぱい見てきたけど、この違和感には慣れそうにない。いや、慣れたらまずい。現実がゆらぐ。これから動物映画はどのように進化するだろう?

Share