[Edit]
[レビュー2018年01月13日に発表された 

劇場版 マジンガーZ / INFINITY Mazinger Z: Infinity

うお、気持ち悪ぃ!

アニメ『マジンガーZ』(1972)の最終回から10年後を描いた直接の続編。『グレートマジンガー』(1974)は登場するが、『UFOロボ グレンダイザー』は言及されない。
アニメ本編の放送当時、私は1歳。再放送でキャッチアップしたし、映画も見ているが、さすがに記憶はあいまい。オリジナルのキャラクターや設定、ロボット、機械獣が出てきても、「あー、そんなのいたかなー」と思う程度。それほど興奮しない。

いや、私が直撃世代で、マジンガーZの大ファンだったとしても、本作を楽しめたかどうか。
兜甲児に抱かれない弓さやかの苛立ち。剣鉄也の子を身ごもった炎ジュン。割り込む美少女アンドロイドリサ、その強烈なデザインと、凶悪な関係性。兜甲児は、リサとの再会を夢見て弓さやかと子作りする。
なにこれ? 気持ち悪いんですけど。どんな人が喜ぶんでしょうか?

侵略者が共存共栄や平和を口にして、政治家が動けなくなる展開はよかった。まぁ、そのくらい。

Share

Next