[Edit]
[創作] 2004年10月23日(土)に書いた夢日記

第01夜:ザ・マンション

第01夜:ザ・マンション

 気がつくと、マンションの一室にいた。

 室内には、私のほかに数名の男女がいる。みんな知らない人ばかりだ。私が目覚めたことに気づくと、彼らは状況を説明してくれた。
 それは、驚愕すべき状況だった──。

 ここはマンションの中。敷地は広く、ショッピングセンターから病院まで入っている。しかしまだ建築中のため、誰も住んでいない。一部、通行できないところもある。
 このマンションから、外に出られない。

 窓やテラスから「外」を見ることはできる。「外」は、何日もまえからずっと夜のまま。人や車など、動くものはまったく見えない。
 ここは、どこなんだろう?

 ここにいるのは、みな殺人犯だった。
 だれかを殺したあと、意識を失って、ここに運ばれてきたらしい。そう言われると、私もなんとなく、だれかを殺しているような気がしてきた。

 しばらくのあいだ、皆は協力してマンション内の探索などをしていたが、どういうわけか殺し合いに発展してしまう。
「互いに殺し合って、最後の1人になれば脱出できる」
 と、だれかが言い出したのだ。
 私は目覚めて半日だが、なかには1年近く閉じこめられていたヤツもいるそうだ。
(1年近く、ずっと夜のマンションから出られない)
 そりゃ、精神もおかしくなる。

 巨大マンション内で、かくれんぼがはじまった。命がけのかくれんぼだ。出会えば、そこで殺し合いになる。私は、女子高生に襲われていた。やたらと強い。凶悪な武器を繰り出してくる。だいぶ手傷を負ったが、最後は逆転して、無力化に成功した。
「殺せ! もう生きていたって意味がないんだ!
 私は、彼を殺してしまったんだ!」
 ぎゃーぎゃー騒ぐ女子高生。
 やんぬるかな......。

 そのとき、ふと思い出す。私はこの娘を知っている。ニュースでやってた。「痴情のもつれ」とか「高校生が殺人」という見出し。そうだ、この顔だ。この顔はニュースで見た。彼氏の返り討ちにあって殺された、被害者の女子高生だ。なんてこった。この娘は、すでに殺されている!

 そして私は気づいた。
 ここにいるのは、殺人犯じゃない。殺意をもったまま殺された人が、運び込まれているんだ。つまり、このマンションは……

 ここは、「あの世」だ──!

 ……という夢を見た。

 布団の中にもどってこれた。まだ午前4時だ。
(ほへぇ)
 とりあえず記憶がつながり、ひと安心だ。
(ほかの連中は、まだマンション内にいるのだろうか)

 窓の外は、もうすぐ夜明けだった。

Share

Next